professional lawyer
CONTENTS

会社清算をする

会社を経営していたのだが債務が増えてしまいこれ以上続けると倒産してしまうかもれしないという場合には会社清算することで倒産を回避することができます。会社清算を決めた場合にまず取る行動とは、会社を解散させることになります。

弁護士を頼る

自動車事故が発生したときのトラブルは、当事者同士で解決することもできますが、法律に詳しい弁護士に相談することでスムーズに解決することができます。弁護士費用補償特約がついている自動車保険を選ぶと安心です。

法律のプロに依頼

近年になって貸金業法が一部改正されたことによって生じた問題、それが過払い金問題です。借金を返済する時に多く払い過ぎた分のことを指す過払い金は、取り戻す為にも弁護士に相談するのが良いでしょう。

会社経営が滞った時

会社清算のしかたについて

会社経営を行っていると成功ばかりではありません。失敗をすることもあるのです。そんなときには会社清算をしなければならない局面も出てくるので、会社清算に関する手続きを覚えておくことをお勧めします。まずは、顧問弁護士に相談をして会社西さんにはどのような法的手続きが必要なのかを相談するようにしましょう。専門的な知識がないとなかなか難しいので、弁護士などの専門家に相談するようにしてください。また、会社清算は弁護士の手続きだけではすみません。会社清算の商業登記をしなければならないからです。商業登記は司法書士しか行うことができません。ですから、弁護士だけでなく司法書士にも会社清算を依頼する必要があるのです。

商業登記の方法について

商業登記をする方法は、司法書士に依頼をする以外にも方法があります。それは、会社の関係者だけで行う方法です。自分たちだけでも商業登記の申請を行うことができます。しかしながら、関係書類の提出など、煩雑な手続きとなってしまいます。そのため、商業登記の専門家である司法書士に任せてしまった方が効率的に登記を行うことができるのです。もちろん、自分たちで行うことができれば司法書士に対して報酬を支払う必要がなくなります。節約をしたいと考えているときには会社清算時を自分たちで行うことも良いでしょう。インターネットなどを見ると会社清算の商業登記のコツなどもわかります。まずは、インターネットで解説してあるサイトを見て自分たちでできるかどうかを判断しても良いでしょう。

Copyright © 2015 弁護士や司法書士にトラブル解決を依頼|トラブルお助け法律プロ All Rights Reserved.